過去の記事

日本でもサードパーティーアプリストア許可?

公開日:2024年4月16日 16:58

iPhone修理なら実績12年超の当店へ!!


日本でも欧州連合のデジタル市場法(DMA)に近い「スマホソフトウェア競争促進法」が国会に提出される見通しで、すでに公正取引委員会は新たな課徴金額を提示しているようです。

AppStore.png

これまで独占的なサービスに課される課徴金は売上額の6%でしたが、今後20%にまで引き上げられる見込みです。
何度忠告を受けても改善されない場合、課徴金額は30%にまで上がるとのことです。

このことから、日本でもサードパーティーアプリストアが許可される可能性がかなり高くなりました。

App Store以外からiPhoneにアプリをダウンロードすることをサイドローディングといいますが、Appleによればサイドロードされるアプリも自動化されたレビューと人間によるレビューの両方が行われるとのことです。

最も大きな違いは、コンテンツやビジネス慣行に関してApp Storeのガイドラインに準拠する必要がなくなることで、これまで禁止されていたコンテンツを含むアプリが出回る可能性も指摘されています。



iPhoneでもGoogleの「消しゴムマジック」などが利用可能になるようです

公開日:2024年4月13日 11:40

iPhone修理なら実績12年超の当店へ!!


Google Pixelシリーズの目玉機能である「マジック消しゴム」など、AIを活用した高度な写真編集機能が、iPhoneでも利用できるようになるようです。

Googleは現地時間4月10日、AIを活用した写真編集機能をすべてのGoogleフォト利用者に無料で提供すると発表しました。
5月15日から順次、提供が開始されます。
MagicEditor.png
iPhoneでもiOS版Googleフォトユーザーであれば、無料で利用できるようになります。
被写体の移動、拡大縮小などができる「編集マジック」は月10回まで無料で利用でき、Google Oneプレミアムプラン利用者は無制限に利用できます。

提供される機能
【マジック消しゴム】:映り込んでしまったゴミ箱を囲むだけで自然に消去
【ボケ補正】:全体的にぼやけてしまった写真も鮮明に補正
【ポートレートライト】:人物に当たる光を適正に補正し、表情がきれいに見える

iPhoneの場合、一部の機能を利用するにはRAM容量3GB以上およびiOS15.0以上が必要です。
iPhoneX以降のモデルならRAM容量3GB以上です。
iPhone8以前のモデルは2GBなので非対応ですが、iPhone8 Plusは3GBなので利用可能です。



削って当てようPayPayスクラッチくじ 4月15日まで!

公開日:2024年4月10日 16:50

iPhone修理なら実績12年超の当店へ!!

現在開催中の「削って当てようPayPayスクラッチくじ」は4月15日までです。

2scr_300x300_red@2x.png

「削って当てようPayPayスクラッチくじ」の対象は、PayPayアプリで本人確認を実施済みのユーザーです。
2月16日~4月15日の期間中、PayPay(PayPay残高/PayPayクレジット/PayPayポイント)で200円以上を決済して「スクラッチくじ」を削ると、誰でも4回に1回の確率で当たります。

特典は、1等が決済額の100%・2等が同5%・3等が同0.5%のPayPayポイント付与で、1回/期間中の付与上限は10万ポイントです。

残り期間はわずかですが、この機会にiPhoneの修理をしませんか?
当店は、営業時間 10:00 ~ 20:00 木曜定休 です。

ご予約は、このホームページのiPhone修理料金ページ 又は フリーダイヤル 0120-669-630 よりお願い致します。
ご都合の良いお時間がお決まりで無いようでしたら、飛込でのご来店も大歓迎です。

ぜひご来店下さい。よろしくお願い致します。



iPhone12のリアカメラ修理

公開日:2024年4月 8日 17:13

iPhone修理なら実績12年超の当店へ!!

iPhone12のリアカメラ修理を致しました。
画像を拡大していくとピントが合わなくなっていました。
状況をお聞きすると、iPhoneを何度か落としているうちに調子が悪くなったとの事でした。

sfaq-iphone_2x.png

リアカメラとバイブレーターは、スマホの中で数少ない稼動する部品です。
特にリアカメラは精密な動作をするため、落下の衝撃や振動で壊れやすい部品です。

オートバイに乗られている方が、ハンドル等にホルダーを付けてナビに使っていると、よく故障するとおっしゃっていました。

カメラ機能の性能が向上するに伴い、より複雑で繊細な部品になっているようです。
画面やリアガラスは割れにくいよう材質が変更されていますが、それでも画面割れの修理は多いですし、今後はカメラの修理も増えていきそうです。

iPhoneを守るため、耐衝撃性の高いケースを利用したり、ネックストラップ付のケースにしてみては如何でしょうか?



iPhone6Plusがオブソリート製品・iPadMini4はビンテージ製品に

公開日:2024年4月 3日 13:05

iPhone修理なら実績12年超の当店へ!!

Appleは4月1日付けで、オブソリート製品とビンテージ製品のリストを更新しました。
これにより、iPhone6Plusが新たにオブソリート製品に指定され、iPadMini4とiPhone8・iPhone8Plusの(PRODUCT)REDモデルはビンテージ製品となりました。
iPhone6はiPhone6Plusより長く販売されていたため、まだオブソリート製品とは見なされていません。

iphone_6_plus.png

オブソリート製品とは、Appleが販売店への供給を停止した日から7年以上経過した製品のことで、Apple及びサービスプロバイダは、これらの製品に対するハードウェア修理サービスを行っていません。

ビンテージ製品は、オブソリート製品に指定される前の段階にある製品で、Appleが販売店への供給を停止してから5年以上7年未満経過した製品を指し、部品の在庫がある場合のみ修理を受け付けています。

旧機種を、サブ機やミュージックプレイヤー等でご利用されている方も多くいらっしゃると思います。
当店では、iPhone6以前のモデルの部品も在庫しています。

Appleでの修理が出来なくても、諦めずに当店までお持ちください。
当店の営業時間は 10:00 ~ 20:00 木曜定休
ご予約は、このホームページのiPhone修理料金ページ 又は フリーダイヤル【0120-669-630】よりお願い致します。
ご都合の良いお時間がお決まりで無いようでしたら、飛込でのご来店も大歓迎です。